会社概要

会社名:アシノオト株式会社

英名:Ashinote, Inc.

資本金:3,000,000円

代表取締役:木村 壮介

設立:2016年7月

取引銀行:三井住友銀行 / ジャパンネット銀行

本社所在地:〒101-0052 東京都千代田区 神田小川町 1-8-3 小川町北ビル 3階

社名の由来

− 言葉の壁を超えて葦の音が響きあう社会 −

アシノオトは葦の音(ASHI NO OTO) + ノート(NOTE:音、注目、サイン、記録)を組み合わせた造語です。

葦には2つの意味があります。一つは日本の古名、葦原国から”日本”そのものを。 もう一つはパスカル「人間は考える葦である」と、古事記の青人草から想起されるものとして”人”を。

「葦の音」には”日本や世界の人々の声”という意味を込めました。また、「の音(NO OTO)」は英語のノートと発音が類似します。ノートはお馴染みの”記録”という意味の他にも同じく”音”というニュアンスがあるので、言葉の面白さを感じています。同時に、NOTEはNOTICE(注目する)の動詞の意味ももちあわせます。

日本語の「葦の音」と「ノート」を組み合わせた造語「アシノオト(ASHINOTE)」は「日本と世界の個々人の声が言葉を超えた共感でつながり響きあっていく」という新しい時代そのものと、そうした時代に貢献していけるチームになろうという想いを込めて命名しました。

会社ロゴについて

2つの葦(アシ)の葉を巴に配置し、異なる人・文化が混ざり合い新しいものを生み出す様子を表現しています。

葦の中心の空白では第三の葦の葉を表現しています。異なる人と文化から新しい価値や文化を産みだしていきたいという想いを込めました。また、円形の配置は日本文化を発信するという意味で日本の日の丸を意識しました。

利用している色にも想いを込めています。2つの異なる色の葦は、西洋と東洋、日本の人々と世界の人々、若者と年配者を示しています。緑色は「天鵞絨(びろうど)」色で、戦国時代にヨーロッパから伝わり日本に入ってきた伝統色を用いています。赤色は「真朱(しんしゅ・まそお)」色。こちらは縄文時代から日本で使われてきた伝統色です。